インフルエンザの危険性を考えると、予防接種を行いかからないように予防することが大事です。
しかし、インフルエンザの予防接種を受ける時期や料金はどれくらいなのでしょうか。
インフルエンザの流行は例年1月上旬から3月上旬を中心に猛威を振るいます。
ワクチン株と流行株が一致した時の有効性は70%~90%と完全に防ぐことが出来ません。1回の接種では有効性が低い為、2回目の接種を行う場合もあります。
小学生以下の子供の予防接種は2回を中心に行われており、中学生以上の大人であれば1回でも良いされていますが、2回の接種が望ましいです。
予防接種の効果は2週間後からとなりますので、流行の最中に行っても遅い場合があります。
2回の接種とかんがえると、11月中旬くらいから接種を開始し、12月中旬には2回目の接種を終わらせるようにしましょう。
また、効果は約5ヶ月程度であり、早めに受けても意味がありません。効果的なタイミングで接種するようにしましょう。
インフルエンザの予防接種は病気の治療ではないため、健康保険が適用されません。
しかし、加入している健康保険組合から補助がある場合もありますので、まずは加入している健康保険組合に確認するようにしましょう。
また、65歳以上の場合は自治体による公費負担があるので、こちらも同じく自治体に確認しましょう。
小学生以下の子供の場合は2回の接種が原則の為、同一の医療機関で接種した場合に2回目の費用が安くなる場合もあります。
平均すると一回あたりの費用は3000円となります。
接種の時期や料金は毎年ほぼ一定であり大きな変動はありません。
各医療機関で、11月頃になるとインフルエンザの予防接種の効果的な時期や料金について案内が行われ始めます。
その際に、医師にワクチンプログラムについて相談すると良いでしょう。